「銀行員は使えない、転職に不利」と誰も言わないので言っておく

銀行から転職したいけど、なかなか転職先が決まらない…。そういう話をよく聞きます。

先日相談を受けた後輩は結局、転職先が決まらずに、そのまま銀行で働いています。

世間では「銀行員は優秀」と思われてますが、どうして転職できないのでしょうか?

銀行員は転職に不利です

まず最初に伝えておきます。
銀行員という職業は転職に不利です。
え?なんで?と思いますか?
銀行員って、世間的にはエリートで高収入で就職先としても人気です。実際、優秀な人材も多いです。
私は23年間、銀行で働きました。確かに今の会社と比べると優秀な人は多かったです。
しかし、これがいけません。行動経済学でいう「ハロー効果」です。
イメージが良すぎるので、銀行から転職したい人は「変な奴」って世間に思われています。
ハロー効果とは

行動経済学の用語で、ある対象を評価する時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。

関連記事

大学の経済学部出身の方は多いと思いますが、経済学について理解している人はそれほど多くありません。なぜ、理解している人が少ないかといえば、従来の経済学は現実と大きくずれていたからです。そこで、現実に合うよう修正し変えたものが「行動経済[…]

銀行を退職する人のイメージ

銀行を退職したというのは周囲からどう思われるでしょうか。
世間の評価をまとめてみました。
■ 何かトラブルがあって銀行を辞めた?
■ 不正を働いてクビになった?
■ どうせ取引先にスカウトされたんでしょ?
■ 50歳を超えたから出向しただけでしょ?
■ エリートだから、本当は転職したくないんでしょ?
銀行から転職する人のイメージって大体こんな感じです。銀行員の悪いイメージですね。

銀行員は「何かやらかした」と勘違いされる

イメージが悪い理由は、銀行員の待遇が良いからです。高収入で休みも多くて、社会的な信用もある。

そんな環境を捨ててまで転職なんて、そりゃ「何かやらかした?」って思われます。

銀行員は転職理由が大事

銀行から転職する人のイメージはネガティブなものが多いのはたしかです。
私のケースですが、以下の質問を転職面接のときに必ず聞かれました
・なんで銀行みたいな良いところを辞めるの?
・銀行員は給料いいでしょ?年収下がりますよ?
・銀行はボーナスも多いでしょ?うちは出ないかもよ?
・銀行は潰れないから安心でしょ?
こんな感じの質問です。
圧迫面接の意味もあってかもしれませんが、転職活動を初めた頃は答えられないことが多かったです。
こういう質問は予想はしていました。けど、ここまで世間は「銀行は高待遇・高収入」と評価しているとは思っていませんでした。
ちなみに圧迫面接とは次のような面接です。
圧迫面接とは?

面接で受験者に対してわざと意地悪な、もしくは威圧的な内容の質問や反論をし、これに対する応答・対応を評価する面接のこと。

銀行員の転職理由を考える

世間では銀行員は転職を考えるような職業ではなと思われています。

恵まれた環境を捨ててまで転職するのはナゼ?と採用側が思うのは当たり前かもしれません。ですから、よっぽど相手が納得できる理由を考える必要がありますそうでないと、銀行から転職する人はネガティブな印象を持たれてしまいます。
では、よく聞く転職理由についてまとめてみました。
・銀行で働くのが辛い
・人間関係がうまくいってない
・新しいことをやってみたい

銀行で働くのが辛い

ほとんどの転職希望者の本音は、これだと思います。でも、本音は言ってはダメです。愚痴を言う人は採用されません。これは当たり前の話です。銀行員なら、なおさら言ってはダメです。

「しんどい仕事だからこそ、安定した高収入を貰っている」と世間は思ってます。

だから銀行に対する愚痴を言っては絶対にダメです。逆に僻まれます。

ダメな理由 ・・・ 辛い、しんどいは愚痴

銀行内での人間関係がうまくいってない

この理由も言ってはダメです。

転職を考えるキッカケになったくらいは、言っても構いませんが転職理由にしてはいけません。人間関係の悪化は「退職理由」です。

銀行の仕事はとにかく人間関係が面倒です。稟議の決裁、新規取引先への取り組み、住宅ローンの提案、どれも自分が良いと思っても、銀行のエラい人がOKしてくれないとダメです。

銀行は担当者レベルに権限移譲されていません。だから尊敬できない上司でも媚びないといけません。

そこまでペコペコしても、上司と部下の関係が壊れて人間関係は悪化することはあります。

それに、営業マンや支店の競争なんかも人間関係を複雑にします。営業エリアも顧客層もマーケットも違うのに、支店間で競争させるので同じ銀行内で変な恨みを買ったりもします。

だから人間関係がこじれてしまうことが、銀行ではよくあります。

ただ、採用側に銀行の事情は関係ないです。

採用側が欲しい人材は、人間関係も含めて問題解決に取り組む人です。職場の人間関係を解決できない人材は不要でしょう。

しかも銀行の場合は、3〜5年で異動があります。いくら自分と合わない人でも、それくらいの期間を我慢すればいいだけです。

転職先では、もしかしたら一生同じ人と関係を持ち続けなければいけないかもしれません。その人との人間関係が悪くなったら、また辞めるかもしれません。

「たった数年の我慢が出来ない人材」採用側の評価が、そうなる可能性もあります。

そのため人間関係を理由にしてしまうと、採用される可能性は低くなります

ダメな理由 ・・・ 人間関係は退職理由

銀行と違う新しいことをやってみたい

私が転職活動を始めた頃に言ってた転職理由です。これも言わないほうがいいです。

「え、なんかチャレンジする感じがあって良さそうだけど」って思いますよね。

完全に間違っています。銀行員に新しいことなんてチャレンジしてもらわなくていいんです。

採用側は銀行員としての知識やスキルを求めています。「新しいことをやりたい」ではニーズを満たしていません。

若い銀行員なら、まあ許されます。それほど銀行に染まっていないですから。

でも30代を超えて、こんな理由は無しです。

そもそも新しいことにチャレンジするっておかしいんです。チャレンジは銀行でも出来ますから。

銀行で出来ないこと、例えば「大工職人になる」なら、まだ分かります。

でも「WEBマーケティング」とか「◯◯コンサルタント」とか、流行りの仕事に興味があるだけの理由はダメです。もう少し言うと、この理由だけではダメです。「新しいことをやりたい」にプラスする理由が必要です。

ダメな理由 ・・・ チャレンジは銀行でも出来る

銀行員が言うべき理想の転職理由

私が考える銀行員の転職理由のベストは次のとおりです。

退職理由+自分の経験を活かす+転職理由
転職理由 【例文】

上司から顧客の新規プロジェクトについて、ずっと意見を交わしてきました。
私が考える課題解決は顧客目線に立ったものでしたが、上司は銀行目線での考え方でした。
以前から、銀行目線の営業スタイルに納得していなかったので、自分の顧客志向型のスタイルが実践できる方法を色々と考えました。
いまの銀行の体質では私のスタイルを実践できそうにありません。
これまで数件の新規プロジェクト案件に携わった経験があり、資金調達からプロジェクトの進捗管理まで可能なスキルや資格を持っています
お客様のための仕事をしたいのはもちろんですが、会社に貢献できる人材にもなりたいと考えています。
これからも自分のスキルを磨くだけでなく、新たなノウハウも吸収したいので、それができる新しい環境を探そうと考えて応募しました。

例文の解説

上記の例文について簡単に解説します。
退職理由、きっかけは?
ずっと意見を交わしてきたが、銀行目線の営業スタイルに納得していなかった
 
自分の経験を活かすのは?
数件の新規プロジェクトに携わった経験
資金調達から進捗管理まで可能なスキルや資格
 
転職理由は?
顧客志向の営業スタイルで仕事がしたい
いまの銀行の体質ではそれができそうにない
自分のスキルを磨くだけでなく、新たなノウハウを吸収したい
それが出来る新しい環境を探すのがベストと考えた
関連記事

先日、銀行からウチの会社に転職したい人の面接をしました。採用する権限は私にはありませんが、一緒に話を聞いて欲しいと人事部に頼まれて初めてWEB面接をしました。新型コロナの影響です。思っていた以上に、こっちも緊張しました。面接したのは[…]

転職理由は論理的なストーリーで構成する

重要なのは転職理由が理的なストーリーになっているかです。
論理的とは?

道理や筋道に則って結論を導くこと複雑な事柄を分かりやすく説明すること

転職理由とは「なぜ転職したいのか」の説明です。
転職はあくまでも自分が理想とする姿を実現するための一つのツールです
他に解決方法があれば、そっちでもいいじゃんってことになります。
つまり「転職しなければ解決できない理由」が必要ということです。
コンサルティング手法「イシュー(課題)を特定する」考えです。
簡単に説明すると以下のような考えです。
理想 → 現実 → ギャップ発生 → 課題解決を探る → (数ある解決方法の中から)転職を選択
なぜ、そのような理由に至ったのかの要因があり、解決するための一つの方法として転職を考えた、というのが転職理由として正答でしょう。
しかし、多くの銀行員の転職理由はこのロジックがありません。
現実だけを見て、そこから逃れたいという理由が多いはずです。
これは全く論理的ではありません。
 

銀行員は使えない

これは、あくまでも私の実感です。銀行員は論理的思考能力が低いです。

なぜかといえば、考えなくても事業が成立するからです。また銀行の組織や慣習も論理的思考能力を育てることを阻害しています。

だから一般企業で「銀行員は使えない」と評価されてます。

■ 事業環境:ストックの商売
■ 組織環境:ピラミッド型組織
■ 慣習  :転勤の多さ

銀行はストックの商売

銀行はストックの商売です。ようするに過去の遺産で収益を稼げるのです。

だから、どうやって稼ぐかを本気で考えなくてもいいんです。

貸出金利息は勝手に入ってきますから。

銀行はピラミッド型組織

銀行は上意下達の組織です。トップの指示は末端にまで届きます。

そのため上司の命令さえ聞いておけばいいと思ってます。だから自分で考えようとしません。

ノルマってありますよね。カードやらNISA口座やら保険やら。何でノルマが設定されるんだろうって思ったことありませんか?

でも、きちんと説明が無いままノルマを設定しますよね。

私も部下に「今月何件!」って指示してました。

理由を明しなくてもなぜか動くんですよね、銀行員って。

銀行は転勤が多い

銀行は転勤が多いです。これも論理的思考能力を育てることを阻んでいます。

数年経てば新しい環境になるため、じっくりと顧客に向き合うことができません

顧客のことを、本気で考えてあげる時間がありません。

自分が担当のときに実績が出ればいいだけなので、何でも売り込みます。

焼畑農業と一緒です。

刈り取るだけなので、後のことを考えなくてもいいのです。

考える前に行動するだけで済みます。

銀行員が論理的思考能力を育てるには

銀行にいると論理的思考能力がなかなか育ちません。

解決方法は簡単です。本を読んで独学です。

私は約20年前(30代前半)に「ロジカル・シンキング」という本で学びました。

いま考えれば、当たり前のことが書いてあるんですが、当時は実践できていないことに気付かされました。

もし、興味があれば読んでみてはどうでしょうか。

使えない銀行員から脱却しましょう

銀行員は転職に不利
銀行員は世間のイメージが良すぎるので「銀行で何かやらかした」と勘違いされやすい
銀行員は転職理由がしっかりしていないとダメ
銀行員は論理的思考能力が育ってない
私は45歳のときに銀行から転職できました。最初は簡単に決まると思ってました。
しかし、それは大きな勘違いでした。
恵まれた環境の銀行からなぜ転職したいのか?と世間からは思われます。
私の場合は家族が病気になり、もう転勤が難しくなったことが原因でした。
転勤が難しいことを銀行に伝えると、これ以上の出世はできないと宣告されました。
つまり環境を変える以外、もうキャリアアップが望めなくなったのです。
これは転職するキッカケです。つまり退職理由です。
記事にも書いたように、退職理由では転職はできません
なぜ転職という選択肢を選んだのか?これが大切です。
銀行員の皆さんが、素晴らしい職場に出会えることを祈ってます。
おすすめ記事

本気で転職を考えているわけではないけど、転職に少しだけ興味がある。すぐに銀行を退職したいわけではないが、将来は分からない。自分が本当に銀行に向いているか分からない。転職はいまは難しい。このような考えを持っている銀行員は多いの[…]

あなたの強み、 見つけてみませんか?
グッドポイント診断

人にはそれぞれ強みがあります。
けど客観的に把握しづらい…。
グッドポイント診断は、約30分でできる本格診断サービス。
診断に答えるとあなたの強みが判明。
診断結果は自己分析にも活用できますよ!