転職に少しだけ興味がある銀行員向けの転職サイト

本気で転職を考えているわけではないけど、転職に少しだけ興味がある。

すぐに銀行を退職したいわけではないが、将来は分からない。

自分が本当に銀行に向いているか分からない。

このような考えを持っている銀行員のあなたに、今回はおすすめの転職サイトを紹介します。

銀行員 オススメの転職サイト

そこまで本気じゃない人へのオススメ転職サイトはリクナビNEXTです。

理由は2つあります。

■ 登録が簡単で無料
■ 転職に本気になったときに便利

リクナビNEXTのオススメ理由 「登録が簡単」「登録は無料」

本気で転職しようとは考えていないけど、ちょっとだけ転職に興味ある…。そういう人って、一応は転職サイトを覗いたことあると思います。

でも会員登録しないと、サイトの中は見れないです。

そのため、登録しようと思うけどためらいますよね。むちゃくちゃプライバシーさらけ出さないといけないかも、みたいなこと思いますよね。実際、最初から個人情報をバンバン登録しないといけないサイトもあります。

でもリクナビNEXT個人情報さらけ出さなくてOKです。

それに登録は超簡単です。スマホでも簡単にできます。

もちろん登録は無料です。

ここから登録方法について説明します。

メールアドレス登録

まずリクナビNEXTの新規会員登録のメールアドレス入力欄に自分のメアドを入力します。

入力して「同意して仮登録メールを送信」ボタンをクリックすると仮登録が完了します。

その後、「center@next.rikunabi.com」から送られてきたメール内から本登録を行います。
これで「リクルートID」が発行されました。

 

会社用アドレスは使用しない

会社から貸与されているアドレスは使わないように(当たり前の話です)

転職は会社とは関係ありません。転職は個人の問題ですから、会社アドレスの使用は道義的にもダメです。

それにメールチェックされたときに、バレちゃうかもしれません。

転職用アドレスを取得した方がいいかも

リクナビNEXTの登録と利用は完全無料です。ただ、登録後に結構メールが来ます。

登録に利用するメアドは普段使用しているプライベートのものでも構いませんが、転職用のメールアドレスを取得して、それを使用するのもアリです。

ちなみに私はプライベートアドレスを使ってましたが、一時期は日に20件以上来てました。(実はいまも登録解除していないので、毎日スカウトメールが来てます。)

会員登録

本登録の作業は会員情報の入力です。
1分くらいで終わります。むちゃくちゃ早いです。

リクナビNEXTの入力項目

【必須】
・パスワード
・名前
・生年月日
・性別

【以下は任意】
・郵便番号 
・住所
・電話番号
・メールマガジンの購読

たったこれだけです。サイトを利用するには最低限この登録は必要です。

「登録するとバレたりしないかな」と思うかもしれませんが、誰にもバレません

なぜなら、リクナビNEXTは「自分で求人先を探すサイト」だからです。企業が人を探すサイトではありません。だから安心して登録してください。

登録したら「求人先を見つける」で検索が出来ます。

メールアドレス登録

自分で企業を探せるとはいえ、求人数はムチャクチャあります。(ちなみに、この記事を書いている時点(2020.5.8時点)で39,295件の求人があります。)

 

自分が希望する職種や勤務地が決まっている人は条件設定すれば、件数はある程度は絞れます。それでも結構な求人がドバっと出てきたりすることもありますが。

39,295件もの求人があります!
39,295件もの求人があります!
職種を選択すると6,045件になりました
職種を選択すると6,045件になりました
さらに勤務地を選択すると、だいぶ絞れました(296件)
さらに勤務地を選択すると、だいぶ絞れました(296件)

 

どれくらいの求人件数があるのか、希望職種の募集はあるのか、どんな企業が求人しているのか、などをチェックするだけでも転職について少し考えられます。まだ転職に迷っている段階なら、この情報でも結構ありがたいはずです。

 

どんな企業や職種が募集されているかを知る

私が最初にリクナビNEXTに登録した理由の一つです。

・企業規模(大企業・中小企業)はどんな先が多いのか、
・希望する職種の募集はあるのか、
・自分が働きたいエリアの求人は、

こういう情報を知るだけでも、転職を真剣に考えるキッカケになりますよ。

会員登録

登録したら分かると思うんですが、だんだん「転職したい本気度」が増します。

「とりあえず登録してみて、良さそうなところがあれば考えようか」って最初は私もそう思ってました。

でも、「え、あの会社も中途採用の募集してるのかぁ〜」とか「うーん、この仕事ちょっと興味あるなぁ」など、サイトを見ているうちに、本気で考え始めます。

私なんかは「早く応募しないと、誰かに取られるかも」まで思ったりしました。まだ履歴書とかも作ってないのに。

本気で転職する気が無いとは言いながら、自分で納得し始めます。「実は本気で転職したいのかなぁ〜」と。そうなると、どんどん情報が欲しくなります。

考えてみてください。銀行員って、取引先の情報をけっこう簡単に入手できますよね。しかも詳細な情報を得ることができます。情報があるから分析が出来ますよね。転職も同じです。情報が必要になります。

でも求人票って表面のことしか分かりません。
中には「非公開」って会社も少なくありません。
いくら年収とか休日とか仕事の内容とかが、良いように書かれてても実態がよく分かりません。

銀行の融資審査と一緒です。決算書とかの数値だけじゃ、実態が分からないのと一緒です。

本当の中身を知りたくなってきます。と同時に、自分が果たして転職して何が出来るんだろう?って考え始めます。

企業分析と同じように自己分析をしたくなります。そんなときにリクナビNEXTは非常に便利なんです。

 

自己分析のすゝめ

転職に明確な基準がある人なら膨大な求人先から探すのは問題ないです。

でも自分が転職したい先って、最初は漠然としています。

なら自己分析から始めましょう。

求人先を見てみる

リクナビNEXTは求人先の検索だけではありません。

表示されるマイページでは次のような機能を利用することができます。

リクナビNEXT マイページで出来る主なこと
  • 求人を見つける
  • 求人先に応募する
  • スケジュール管理
  • 履歴書、職務経歴書の作成
  • 企業からのオファーを待つ
  • 気になる求人をリスト化する
  • 企業とのメッセージ管理
  • 転職成功ノウハウなどが読める
パソコンの画面です。左の赤枠が会員登録後に出来ることです。

 

リクナビNEXTのオススメ理由 「転職に本気になったときに便利」

会員登録後に色々できる機能の中でも転職初心者に便利な機能が3つあります。これはぜひ使って欲しい機能です。

1.職務経歴書・履歴書を簡単に作成
2.グッドポイント診断
3.企業からのオファーを待つ

便利な機能1 職務経歴書・履歴書を簡単に作成

リクナビNEXTは豊富な求人から効率よく探せます。

ただ、自分で探す「サーチ型転職サイト」のため、探す時間を作らないといけません

仕事の忙しい銀行員にとっては「気軽に求人先を探せる」がポイントになります。気軽に探せないと、負担に思う人もいますよね。

どんな企業や職種を探せばいいか分からないって人も多いでしょう。というか、
そもそも本気で転職したい訳ではないので探すこと自体が面倒くさいですよね。

ならば、そのような人は求人を探すのではなく、企業からのオファーを待つのはどうでしょうか。

「え?自分に企業からオファーが届くの?」って思いますよね。もちろん届きます。ただ、会員登録ぐらいの情報じゃあなたのことが分かりません。

もう少し情報を企業に与えないとダメです。
さっきの銀行の審査と同じです。企業ももっと情報が欲しいんです。

その情報がレジュメ、「職務経歴書」「履歴書」です。

「作るの面倒くさいなぁ」と思うかもしれませんがリクナビNEXTなら簡単に「職務経歴書」「履歴書」を作成できます。

以下、画像つき(パソコン画面)で説明します。

「職務経歴書」「履歴書」作成手順
① 会員画面の【履歴書・職務経歴書】をクリック

 

② 学歴・資格、職務経歴や自己PRなどを入力

入力は難しくありません。

例えば学歴の入力画面なんかは選択だけです。

 

資格もカテゴリから選択して追加するだけ

フリーワードで検索して追加も可能です。

該当資格がない場合は自分で入力も出来ます。

③ こんな感じのレジュメが完成します
とりあえず入力が済むと、レジュメが完成。
(ちなみにこれは、企業やエージェントに公開している画面の一部です。)

 

④ このレジュメを元にした職務経歴書や履歴書を出力
レジュメ完成後はワンクリックで職務経歴書や履歴書が完成します。
(Word形式で出力されるので、Wordソフト(MACだとPage)が必要です)

履歴書です。学歴や職歴などは消してます。

 

いかがでしょうか。
本当に簡単に作成できます。

 

レジュメ作成が面倒と思う人

レジュメって書くのが面倒ですよね。

だから後回しにしてしまいたい気持ち分かります。

でも最初に一度書いてしまえば、何度でも使い回せます。

もし本気で転職したくなったときのことを考えれば最初に登録しましょう。
そっちの方が効率的です。
見直しも何回も出来ますし。

あなたが求人先情報を知りたいように、求人先もあなたの情報を知りたいんです。

リクナビNEXT 会員登録後に出来ること

レジュメ作成時「自己PR」の入力箇所があります。
ここは登録するのではなく、文章を入力します。面倒なら入力しなくても構いません。

もし転職について少しだけ本気になっていたら入力しときましょう。

その自己PRを入力する箇所に「グッドポイント診断」というのがあります。

グッドポイント診断とは 

   自分の強み(PR)が何かを教えてくれるリクナビNEXTのサービス

 

社会人生活を始めてから自己分析ってやったことってあります?おそらく、ほとんどの人はやったことないでしょう。

就職する前は、自己分析って結構やったのに働き始めるとしないですよね。何でですかね??

ビジネスマンとして「自分の強み」を知っておくのは必要です。

 

「自分を知ること」は転職とか関係なく、仕事をする上で大事なことです。

 

「グッドポイント診断」は自己分析ツールです。自分のPRポイントが何かを診断してくれます。こんなサービスが無料って嬉しいですね。

一応、時間が30分くらいかかるので、時間に余裕があるときにどうぞ。絶対に、一度はやるべきです。

リクナビNEXTの便利な機能

転職に本気じゃなくても、
企業からオファーが来ると転職を少し考えます。

普通に仕事してたら、ヘッドハンティングやスカウトされることは滅多にありません

なぜなら、あなたの魅力を相手が知らないからです。

それは転職に限らず、恋愛でも何でも一緒です。魅力が伝わってなければ、ただの人です。

ただリクナビNEXTのスカウト機能を使えば、ただの人ではなくなります。

「スカウト」をONにすることで、匿名のスカウトレジュメが公開されます。これによって求人企業や転職エージェントからのオファーを受けることができます。

スカウト機能は自分が登録した経歴や転職希望を見た企業から直接オファーが届く機能です。「求人先を探すのが面倒くさいな」って人からすれば、すごく楽ちんですよね。

 

ただスカウトされるには、「職務経歴書」や「履歴書」の内容が充実していないとダメです。学歴と資格、経歴くらいでは、なかなか魅力的なオファーは来ません。

グッドポイント診断を活用して自分の強みをしっかりアピール出来ている人は企業やエージェントから結構アプローチをしてもらえるようになります。そうなると希望の求人に出会える可能性はグンと高まります。

ちなみに、転職後もまだリクナビNEXTを退会していない私には毎週オファーが届きます。

転職した後もリクナビNEXT会員でいる理由

記事を読んでくれている人と同じく、
本気で転職したいと今は思いません。
(オファーをくれる企業の方々、すいません)

じゃあ、なぜ退会しないのかというと
リクナビNEXTを使って常に自分の強みを再確認するためです。

グッドポイント診断で強みを理解することもできますが、
自分の経歴や実績を積み重ねていくことで、何が出来るようになったか、
これを半年に1回くらいのペースで職務経歴書を更新しています。

そういう使い方は間違っているかもしれませんが、
もし、また転職したくなったときには、かなり自己分析が出来た状態で
スタートできると思います。

 
記事の執筆時点で私が頂いているオファーです。

もちろんお断りする予定です。

 

 

便利な機能1 職務経歴書・履歴書を簡単に作成

非常に便利な転職サイト「リクナビNEXT」ですが、まだ不安に思う人もいるかもしれません。

転職を本気で考えていない人にとって転職サイトを利用する際の不安な点を挙げてみます。

1.今の職場にバレるんじゃないか
2.スカウト先に個人情報がバレるんじゃないか
3.もしスカウトされたとき、どうしたらいいのか
 
職務経歴書とかを入力すると、今の職場にバレるんじゃないか
安心してください。バレません。

リクナビNEXTのQ&Aでも以下の回答です。

本気じゃなくても登録して問題ないでしょう。

 

スカウト先に個人情報がバレるんじゃないか
安心してください。バレません。

スカウトサービスは匿名での利用です。だから個人情報は開示されません。

リクナビNEXTのQ&Aでも以下の回答です。

もしスカウトされたとき、どうしたらいいのか
スカウトされると転職を考える人と考えない人がいると思います。

本気で考える場合 → スカウトに返信する

本気で考えない場合→ スカウトに返信する

ようは、どちらも返信した方がよいでしょう。ビジネスマンの常識ですね。

本気なら、そのまま返信すればいいです。本気じゃないなら「今は転職を考えていない」と返信しましょう。

「でも返信するのはなんだか嫌だなぁ」という人はムリに返信しなくても構いません

リクナビNEXTのQ&Aにも下記回答があります。

便利な機能2 グッドポイント診断

転職に少しだけ興味があるなら、まずは転職サイトに登録
オススメの転職サイトはリクナビNEXT
本気で転職を考えたときに備えて自己分析をしておく

ここまで読んでくれた人は、少なくとも転職について少し気になっている人だと思います。

そういう意味では、リクナビNEXT非常に使いやすい転職サイトです。

自分で求人先を探すことも出来るし、登録次第ではスカウトも受けられます。それに銀行にはバレません。

私の使い方は記事の中でも書いたんですが、自己分析しながら強みを伸ばすためのツールとして今でも利用させてもらってます。本来の使い方では無いかもしれませんが、もし転職したくなったときのスタートラインは他の人よりいいポジションだと思ってます。

企業やエージェントは登録されたレジュメを見てスカウトメールを送ってきます。

つまり、スカウトがたくさん届けば届くほど、あなたが多くの企業に興味を持たれている、認められているということになります。

自分の価値を確認する上でも、登録してみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキング

あなたの強み、 見つけてみませんか?
グッドポイント診断

人にはそれぞれ強みがあります。
けど客観的に把握しづらい…。
グッドポイント診断は、約30分でできる本格診断サービス。
診断に答えるとあなたの強みが判明。
診断結果は自己分析にも活用できますよ!