自分は銀行に向いてない? 結論→銀行に就職してから考えればいい

皆さんはなぜ銀行で働き始めたのでしょうか。

理由はいろいろあると思いますが、元々銀行員になりたかった人はどれくらいいるのでしょうか。

銀行へ就職

銀行に向いている、向いてない人、それはいつ分かるのでしょうか。

銀行員という職業を選択した時点では、自分が銀行に向いているか向いてないか、ほとんどの人は分かりません。

私が銀行に就職した経緯

私の場合は東京の大学を卒業するときに、漠然と地元に帰って働きたいと考え、地銀に入りました。銀行に入った理由は何となくです。

単純に地元で条件の良い会社を探すと銀行が一番よかったので、銀行を志望しました。就職活動のときには、そんな理由では銀行に入れないので最もらしい話をしました。地元の発展に貢献したいとか、中小企業を大企業に育てたいとか、そんな理由を話しました。

結局、地元の金融機関3つから内定をもらいました。その中で最も雰囲気が良くて給料が高かったところを選びました。それが銀行に就職した理由です。

銀行で働くのは楽しい

そんな理由だから辞めたくなるんだと、言われるかもしれません。ただ、いくら立派な理由で銀行に入っても辞める人は辞めます。逆に大した理由でもないのに、一生その職業で頑張る人もいます。

私も仕事は真剣に取り組みました。少しずつですが、周りからの信頼も得ていきました。取引先の成長に感動もしました。銀行員になって良かったと思うことはたくさんありました。

ようするに、安易な気持ちで銀行に入ったとしても、働くことの楽しさは味わえるということです。

銀行に向いているか、向いてないか

皆さんは就職活動前に適性テストを受けたでしょうか。「あなたは営業職に向いています」みたいなアレです。

でも、それが本当に正しいか分かりますか。私は正直そんなもの信じられません。

この世の全ての職業を経験した結果、それが適性というなら納得します。でも、まだ働いてもいないのに、テストだけで適性をどうやって判定できるのでしょう。

適性とは素質という意味です。素質というのはやってみないと測れないと思います。

関連記事

これから銀行への就職を考えている方に向けて銀行の仕事を解説します。「銀行員」という職業は銀行に勤務する人だけがそう呼ばれます。会社に勤務する人は普通に会社員と呼ばれますが、なぜか銀行に勤務する人は「銀行員」と呼ばれます。会社勤めであ[…]

銀行員としての適性

メジャーリーガーの大谷選手を例にします。

彼は二刀流として素晴らしい働きをしてきました。彼は野球の素質が間違いなくあります。

でも大谷選手は野球の適性があるかどうかテストしてから野球を始めたのでしょうか。

そんなわけありません。

大谷選手は野球を始めたから、野球の素質があると知ったのです。

もしゴルフや卓球をしてみても素質があったら、そっちの道を行ったかもしれません。結果的に全てのスポーツをやって野球を選択したわけではないでしょう。

野球をやってみたら、野球の適性があったということです。適性は実際にやってみないと分かりません。

銀行も同じです。働いてみないと銀行員としての適正は分かりません

関連記事

45歳で銀行から某上場企業の戦略マネージャーに転職したKeiです。いまの職場でよく「銀行を退職して後悔してませんか」と質問されます。これに関しては全く後悔してません。では「銀行に就職したことを後悔してますか?」と聞かれることもあ[…]

銀行で働く意味

学校を卒業する時点で自分は何の職業が向いていると決めてしまう必要はあるのでしょうか。

銀行に就職した理由は何であれ、とりあえず銀行に入ってから働く意味を考えても構わないのではないでしょうか。

私は入行後に銀行で働く楽しさを知りました。実際に働いてみないと銀行の仕事は分かりません。銀行に入る前から「銀行員とはこういうものだ」という実感は誰も持てません。本やネットでの知識くらいで「銀行員とは何ぞや」を誰かに説明できるでしょうか。銀行員の家族や友人からの話を聞いたくらいで、銀行の仕事を実感できるでしょうか。職業についての実感は、その職業に就いてみないと分かりません。

最初の就職先が、理想通りの職業になるかどうかは誰にも分かりません。ただ努力することで自分の理想の職業に近づけることは必要です。

銀行員になりたかったのか

いくら努力しても希望通りにならないこともあります。だから職業を変えてみようと考えるのは自然なことです。以前と違い転職は当たり前の時代になりました。

そもそも新卒での就職は、ほとんどのケースで「就職」ではなく「就社」です。日本人は職業ではなく会社を選びます。

おそらく、銀行員の多くは銀行員になりたかったのではなく、銀行に就職したかったのではないでしょうか。

職業ではなく会社で選ぶ

例えば、友人が自動車メーカーのトヨタに入社したとします。

トヨタはメーカーでも、友人はエンジニアなのか、営業なのか、広報なのか、経理なのか、何の仕事をするのか、トヨタに入社したと聞いただけでは分かりません。

友人が元々「エンジニアになりたい」と言っていたなら、エンジニアとして採用されたのかもしれません。

しかし「トヨタで働きたい」と言っていたなら、何をするのかは分かりません。多くの人は就職したら職業ではなく会社名で答えます。

おそらく友人は「エンジニアになった」ではなく「トヨタに入社した」と言います。大企業になればなるほど、その傾向が強いはずです。なぜなら相手に伝わりやすいブランド力が社名にあるからです。「職業」よりも「会社名」で選ぶという考え方が日本では一般的です。

就職ランキング

そういった考え方は「就職企業人気ランキング」などが毎年発表されていることからも分かります。

皆さんも子供の頃は、「将来何になりたいか」と聞かれたことがあったと思います。

あなたはなんと答えていたでしょうか。ちなみに私は「新聞記者」か「小説家」と答えていました。

会社名ではなく職業を答えていました。いまの子供たちも同じです。「将来何になりたいか」と聞いて子供たちが答えるのは職業です。「なりたい」のは職業です。

子供は職業で選ぶ

「子供がなりたいランキング」というのが毎年発表されます。

パティシエ、YouTuber、医者、プロ選手など、上位に並ぶのは社名ではなく職業です。子供は職業で選びます

しかし大人になると職業ではなく、会社を選びます。

クリックで拡大します

大人は会社で選ぶ

就職においては企業名の方が分かりやすいし、何よりもほとんどの学生は職業のことなんて考えていません。例えばプロ野球選手で考えてみてください。

少し前まで日本のプロ野球には逆指名という制度がありました。プロ野球選手として、どの球団に入りたいかをあらかじめ指定する制度です。今では存在しませんが、逆指名という制度によって有名球団や金のある球団ばかりが強くなっていきました。

もしプロ野球選手という職業に就きたいのなら、どのチームに入っても一緒のはずです。職業はプロ野球選手であり、働く場所(球団)が違うだけです。

ところが職業選択の自由を侵害しているという意見もあり、逆指名制度が始まりました。職業選択の自由とは、日本国憲法が保証する、どんな職業にも就くことが許されるというものです。本来は職業選択の自由とは職に就く話であり、会社(プロ野球選手でいえば球団)ではありません。

しかし人気球団や、子供の頃から好きだった球団に入りたい選手が希望球団(会社)に入れないのはかわいそうという話になったのです。子供の頃はプロ野球選手という職業に憧れたのに、大人になると会社(球団)に変わるのです。これって実に不思議です。

銀行員も同様です。銀行員になりたかったのではなく、銀行に就職したかっただけです。銀行に就職したら勝ち組と思っていた人も多いのではないでしょうか。

銀行に就職したら勝ち組か

職業に勝ち負けはありません。しかし地方に行くと銀行に就職したら勝ち組という風潮は残っています。

おそらく地方銀行員の多くは、そのような感覚をお持ちでしょう。実際、私もそう思っていた時期もあります。

銀行への就職は難易度高い

その理由は、銀行へ就職するのは難易度が高いからでしょう。難易度といっても偏差値や学歴ではなく学生に人気だからです。最近は銀行も収益力が落ちており、昔ほど高収入ではありませんが、他業種と比較すればまだまだ高収入の銀行は多いです。だから銀行に就職したい人は多く、難易度は高いのです。

また土日祝日は休みであり、福利厚生も比較的充実しています。銀行で働くことのメリットは大きいと判断する人が減らないかぎり、難易度は高いままでしょう。

銀行を辞めるのはもったいないか

せっかく人気の銀行に入ったから辞めるのはもったいないと考える人は多いでしょう。ただ、銀行で働き続ける理由がそんなものなら、おそらく長くは続きません。銀行に向いている、向いてない以前に、ビジネスマンとして問題があります。

職業選択を人気がある、人気がないで決めることは意味がありません。自分に向いてないと判断したならば、職業を切り替えるのはおかしな話ではありません。

もったいないという感覚は、過去の時間的価値を将来の意思決定に使っているからです(こちらの関連記事をご参照ください)。

関連記事

銀行を辞めたい人は多い。銀行で働いていると、「銀行辞めたい」と言う人が必ずいます。同僚や上司、部下、年齢性別を問いません。統計は取っていませんがタイミングに特に規則性はないでしょう。突然辞めたいと言い出します。多くは20代の銀行員が[…]

職業はいつまでに決めるべきか

現実問題として、職業はいつまでに決めたら良いのでしょうか。結論として、職業は何歳までに決めなければならないということはありません。

ただ早い時期に職業を選択した方が良いのは間違いないです。なぜなら、若いほうがやり直しが効くからです。

例えば、子供の頃から将来は銀行員になりたいという人がいたとします。

銀行員になるための勉強をして、憧れの銀行員になりました。しかし銀行で働き始めると、自分は銀行員に向いていないと気づいてしまいました。これまで銀行員になるための勉強ばかりしてきました。他の仕事が出来るか不安です。しかし我慢し続けて働き続けるくらいなら、もう一度勉強し直そうと考えます。このとき自分の年齢が22歳だとします。新たな仕事を覚えるための学習に3年かかるとします。22歳ならば3年経っても25歳です。やり直すには充分若いです。若さは最強の武器です。

若い人はやり直しが効くし、何より「やり直そうと思える」からです。

銀行を辞めるのはもったいないと思う感覚が間違い

適正はやってみなければ分からない
銀行に入ってから働く意味を考えても構わない
人気の銀行に入ったから辞めるのはもったいないと思う人は多い
職業選択を人気の有無で決めてはいけない
職業選択は早い時期に決めたほうがやり直しがきく
銀行に就職する理由は人それぞれですが、辞める理由も人それぞれです。もし、銀行を辞めるのはもったいないと思っているなら仕事に対する向き合い方を間違えています。もったいないという感覚は捨てましょう。
銀行員という職業は特別です。だからこそ誰にでも向いている職業とはいえません。ただ、今後は銀行の形も変わってきます。新たな銀行員像を自分の手で作ってやる、くらいの気概を持った方がたくさん出てくることを期待してます。

 
 

 

あなたの強み、 見つけてみませんか?
グッドポイント診断

人にはそれぞれ強みがあります。
けど客観的に把握しづらい…。
グッドポイント診断は、約30分でできる本格診断サービス。
診断に答えるとあなたの強みが判明。
診断結果は自己分析にも活用できますよ!